--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月06日 (土) | Edit |
今日は、我が家で唯一女の子のかわい子ちゃん「てぃびち」の7歳のお誕生日

thibi-birthday_p.jpg
写真は、2008年 5歳のお誕生日。

あれから、2年。
今日はあいにくの空模様だけど、お空の上では兄ちゃんたちと仲良くお祝いしてるかな?

はぁ~、やっぱり女の子もいいなぁ~。
スポンサーサイト
2009年07月23日 (木) | Edit |
数日過ぎちゃったけど、今月の19日はかわい子ちゃん「てぃびち」の1周忌でした。
thibi4_p.jpg
はぁ~、いつ見てもかわいいな~かお

虹の橋に旅立って、1年か…。
今は、どうしてますか?
楽しくのんびりすごしてるかなぁ。

女の子を見てると、お迎えしたくなっちゃいます。
てぃびたんみたいな子に、まためぐり合えるかなぁ。

てぃだやうるまは、元気にしてるよ

そういえば、ちょうど1周忌の19日、らふたんと一緒に夢に出てきたね。
夢に出てくるのは初めてだったけど、会えてうれしかったよ。
また、気が向いたら夢に会いにきてねhh
2009年03月07日 (土) | Edit |
昨日6日は、亡きてぃびたんの6歳のお誕生日クラッカー
sIMG_3184.jpg

あいにくの天気だったけど、お空ではらふたんくいたんとお祝いしたかな?
sIMG_3314.jpg

男の子だけになって、我が家は毎日ドッタンバッタン大騒ぎだよかお

また、いつかてぃびたんみたいなかわいい子をお迎えしたいな~。
たまには、ちーちゃん&うーちゃんに会いに来てねniko
2008年07月21日 (月) | Edit |
本日、てぃびたんの体をお空へ還しました。
らふたんやくいたんと同じ海の見える場所。

風がちょっと強く、お月様が見えなかったけど、迷わずにいけたかしら。
かわいいお花を贈って頂いた方々、またお悔やみのコメント&メールをくれた方々、どうもありがとうございました。
sDSCF5617.jpg

お花は、少しずつとっててぃびたんと一緒に送りました。
てぃびたんらしい、かわいいお花たち
sDSCF5620.jpg

元が小さかったてぃびたん、さらに小さくなって家に帰ってきました。
で、らふたんとくいたんの間にちょこんと。
sDSCF5623.jpg
区別するために、火葬業者さんからペンダントを毎回頂いてます。
左の青いのがくいたん、真ん中のピンクがてぃびたん、右のみどりがらふたん。
リボンの色でも区別できるんだけどね。

いろいろ、思うところが多かったですが、またいつかてぃびたんに会えるといいな。
2008年07月20日 (日) | Edit |
突然ですが


昨日19日17時ごろ、我が家のお嬢様「てぃびち」が旅立ちました。
5歳4ヶ月と13日。
本当に突然で、ただ苦しませるだけで助けてあげることができず。
内容がはちゃめちゃで長くてすいません。
最後に、今までの写真を数枚ピックアップして載せました。


金曜の夜までは、ふらつきながらもウロウロしてたてぃびたん。
トイレした後も何度も踏ん張る姿を見ておかしいと思い、この連休のうちに病院行くつもりでいました。
先週、嘔吐や体調崩してから一時はカリカリも食べれるまで回復したけど、今週に入ってまたカリカリ食べる量が減り、ここ2~3日はふやかしミルクのみ。

昨日だって、薬の入ったミルクも飲んで、ふやかしミルクも飲んでたよう。

昨日は、お昼ちょい前に目を覚ましすぐにてぃびたんの様子を見なかったんです。
遅い放牧しだして、てぃびたんをキャリーから出してみたらグッタリして力がまったく入らず。
熟睡してるのかな?と思って何度も呼んでみたけど、ダメで。

水を飲ませようとシリンジで入れるも、横から出ちゃって。
セカンドも、午前診療終わった時間だったけど電話して状態を伝え
午後診で見てもらうようにお願いし、出かける準備をしました。

めももお休みだったから、準備は交互でして様子を見ててもらい。
間で、体が突っ張ることが数回あり、セカンドまで持たないかもと思って
ちょうど快速で乗り換えの駅ついたので、いったん降りてファーストの病院に電話してすぐに行きました。
快速の乗り換え駅が、ファーストのある駅なのでほんとすぐかけこみ。

何度か痙攣して、黒色便(お昼ぐらいからずっと垂れ流しの黒色便)をみて「免疫の低下によるものだね」等言われ。
栄養剤やステロイド、止血止めを打ってもらって。
採血できれば、血糖値だけでも見てみようってことで血管確保するも、なかなか見つけられず。
足からやっと採血して測定してもらうと、血糖値13。
極度の低血糖。

ブドウ糖(通常の倍濃度)を投与しようにも、首も腕もなかなか血管が出ず、やっと入ったと思ったら、すごい奇声を数回。
痙攣はまったく治まらず、むしろ糖を入れる前より、より力が入りえびぞり。
この時点で16時ごろ。
先生と話、痙攣を止める薬を打っても、薬が切れた後にまた痙攣するかもしれないし、治まってるかもしれない。
今なら、セカンドに行けなくもない。
と、いろいろ話、セカンドに行くことに。
家に帰っても、何もしてやれることはないから、だったらセカンドで何か治療法があるかもしれないと思って、ファーストをあとに。

向かってる最中も、ずっと痙攣は止まらず。
大手町付近で、また声を出して鳴くようになり、最後の乗り換え駅につきすぐ電車があったから小走りしてる数秒の間に旅立ってしまってた…。
それが、17時。
あのとき、小走りしなければ振動が少なくすんだかもしれない。
電車にギリギリ乗ったところで息が止まってるのを確認したけど、そのままセカンドへ。
体をきれいにしてもらって、家路に。
電車での移動中、ずっと触っていたけど、乗り換えの数秒だけ手を離したときだった。
奇声をあげてではなかったのが救いだけど、痙攣によってすごく体力も消耗してたと思う。
苦しいとかも、感じないくらいだったかもしれない。
すーっと息を引き取ったと思います。
突っ張っていなかったし、えびぞりでもなかったので。

セカンドの先生に状況を話すと、もしかしたら穿孔してたのかもしれないって。
けど、きっと低血糖の発作でもある。

1ヶ月前の血液検査では、Gul:113。
ほんと、急なことで。

低血糖の発作は、壮絶って聞いてたけど、てぃびたんの奇声も尋常じゃなかったけど、もっとひどいのかな。
ファーストの午後診30分前から、ワンコやニャンコ連れてる人がいたけど、きっとあの奇声聞いて「なにごと!?」と思っただろうな。
診察室から出たとき、すごい見られてたから。

この連休は、めもも仕事がないのでのんびり過ごしてます。
あ、明日は午前中にうーちゃんのワクチン。
てぃだが、やっぱり異変に気づいて朝からご飯を食べてないので、早くうーちゃんと仲良くなるといいんだけど…。
昨日から、てぃだも一人ケージ。
うーちゃんも、何か感じ取ってるのかこの時間でもケージ内で大暴れしてません。

てぃびたんの体は、明日の夜お空へ還します。
sDSCF5596.jpg

sDSCF5595.jpg

今まで可愛がってくれて、どうもありがとうございました。
かわい子ちゃん、呼んで反応(側にきてくれる)してくれる子がいなくなってしまったけど、てぃだ&うーちゃん共々、今後ともよろしくお願いします。

やっぱり我が家。5歳半の壁は厚くて高いようで超えられません…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。